上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今週のサンデー・モーニングで張本氏が日本人のメジャー挑戦について「みじめに帰ってくるだけ」と突き放した発言をしました。しかしそれは大きな間違いだと思います。現にメジャー挑戦に失敗しても日本で大活躍している選手がいます。

 巨人の山口鉄也投手です

 山口投手は巨人に入団する前にマイナーリーグでプレイしましたが、一度もメジャーに昇進すること無く挑戦が終わりました。その後巨人で育成選手として入団し、2008年に新人王を獲得しました。その後5年連続60試合登板を果たし、球界随一のリリーフとなりました。

 今の山口選手を支えているのは、過酷なマイナー生活の経験だと僕は思います。この時の経験があったからこそ5年連続60試合登板という酷使っぷりでも潰れずに済んでいます。確かにメジャー挑戦で失敗する選手は数多くいますが、彼らも惨めに帰るだけでなく、何か大きな経験を得て帰国した事でしょう。

【2012/11/12 23:30】 | 野球総合 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。