上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 皆様のご存知の通り、先週土曜日に読売ジャイアンツが3年ぶりの日本一を決めました。

PK2012110402100039_size0.jpg

 日本シリーズでもシーズン通りの強さを見せつけましたね、また最終戦の決勝点をあげたのが、怪我持ちのリーダー阿部選手と、主役が見事に決めてくれました。

 今回巨人が日本シリーズを制した秘訣は、ズバリボウカーの確変だと思います。シーズン中は毎度のダメ助っ人っぷりでしたが、ホストシーズンになって覚醒、日本シリーズ第1戦で3ランホームランを打ち、試合を大きくリードしました。また第6戦でも大量得点のきっかけとなる2ランホームランを打ちました。
 
 日本ハム側としてはまさかシーズンで活躍しなかったボウカーが、先発出場するなんて予想出来なかったし、対策もそんなに準備していなかったと思います。巨人としてはボウカーの不意打ちが大成功した形となりましたね。 そんなボウカーはシリーズで7打点をあげ、阿部、長野の並び優秀選手賞を獲得しました。個人的にはボウカーの活躍が一番印象に残ったシリーズになりましたね。

【2012/11/05 23:09】 | 野球総合 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。