上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年のCS1回戦はセ・パ共に1勝1敗で3戦目を迎えました。
 セ・リーグの方は途中まで1-0でヤクルトがリードしていましたが、ブランコの満塁ホームランで形勢逆転となり、そのまま中日の勝利となりました。
 一方パ・リーグは3-1でソフトバンクがリードしていましたが、9回に1点差となり、最後まで分からない展開となりました。
 それでも何とか後続を抑え、3-2でソフトバンクが逃げ切りました。
 セ・パ共に接戦を制しての勝利となりました。何となくCSはワンサイドゲームよりも接戦が多い気がしますね。

 その結果セ・リーグはシーズン2位の中日が、パ・リーグはシーズン3位のソフトバンクがそれぞれ勝ち上がりました。果たして今年は去年のように優勝チームを破る下克上は起こるのでしょうか?

【2012/10/15 23:49】 | 野球総合 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。