上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年の9月は記録的な暑さとなった地域が続出しました。特に東北や北海道では平年を大きく上回り、従来の記録を大きく更新しました。

 先月の各地の平均気温と平年差は以下の通りです。

鹿児島 25.2 (-0.9)
福岡  24.5 (±0.0)
広島  25.6 (+1.2)
大阪  26.0 (+1.0)
名古屋 25.8 (+1.7)
東京  26.2 (+2.4)
新潟  25.2 (+2.8)
仙台  23.9 (+3.2)
青森  23.5 (+4.2)
札幌  22.4 (+4.3)

 青森や札幌が平年よりも4℃以上高いという異常事態となりました。平年よりも1.7℃高い名古屋ですら、9月の平均気温で歴代3位の高さというレベルですので、いかに北日本の9月が異常的な暑さだったのが分かりますね。仙台の23.9℃は名古屋では平年並、つまり今年の仙台の9月は、例年の名古屋の9月とほぼ同じ暑さという、とんでもない状況となりました。
 一方九州の先月の平均気温は平年並、もしくは平年より低い値となりました。北日本の記録的な数値とは実に対照的ですね。

【2012/10/01 23:09】 | 気候 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。