上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年はマイナー契約からメジャーに昇格した選手が続々出てきました。その中でも対照的な結果となったのが、松井選手五十嵐選手です。

 松井選手は4月の時点ではマイナー契約どころか、所属チームすら見つかりませんでした。それでも5月にようやくレイズとマイナー契約を結び、そして先週メジャーへと昇格を果たしました。
 早急な活躍が必須だった松井選手でしたが、その大事なメジャー初日にホームランを放ち、一気にチームの信頼度が高まりました。また、その2日後にも再びホームランを打ち、チームの勝利に大きく貢献しました。松井選手にとってのメジャー開幕は2か月程遅くなりましたが、無事今年もスタートを切れて何よりですね。

 一方五十嵐選手は先週メジャーに昇格したものの、登板した2試合がいずれとも散々な結果となってしまいました。その結果、たった2試合で戦力外通告を受けてしまいました。

 このようにマイナーからメジャーへ昇格した選手は少ないチャンスをものにするかどうかで、明暗が大きく分かれてしまいます。それだけメジャーは厳しい世界だという訳ですね。

【2012/06/03 22:32】 | 野球総合 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。