上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今から14年前、長野オリンピックのジャンプラージヒル団体で日本は優勝を果たしました。当時の記憶は今でも鮮明に残っており、特に原田選手の大ジャンプには感動を覚えました。

 しかしその後ジャンプ競技で日本は優勝どころか上位に入ることすら稀となってしまいました。自分も当初は期待感からジャンプ競技を見ていましたが、いつの間にかあまり見なくなりました。

 そんジャンプな日本代表ですが、今シーズンようやく復活の狼煙を上げてきました。伊東大貴選手がワールドカップで2大会連続優勝し、新たなエースとなりました。伊東選手は26歳と日本のジャンプの選手としては比較的若く、今後さらなる飛躍する可能性も十分あります。

 ようやくジャンプ界も世代交代となりましたね。
 

FC2blog テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

【2012/01/30 21:17】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。