上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 久しぶりにこむちゃ関連の記事を書くことにしました。先週のこむちゃランキングで放課後ティータイムの「singing」が初登場8位というかつてない低位置(これまでの桜高軽音部&HTTの初登場最低順位は7位)からのスタートにも関わらず、まさかの1位獲得となりました。

 初登場8位スタートからの1位獲得はつい最近「Smiley Time」が達成しました。しかしながらこの位置から1位を獲得するのは男性声優ばかりな気がしてなりません。という訳で実際に2007年~2011年の過去5年間で発売後初8から1位を獲得した曲を調査してみました。

2011/11/12ランクイン Smiley Time 神谷浩史+小野大輔 890P
2009/08/08ランクイン modern strange cowboy GRANRODEO 940P
2009/04/04ランクイン 禁忌の薔薇~Aphrodisiac~ フェロ☆メン 970P
2008/06/24ランクイン Discovery 宮野真守 1020P
2008/06/07ランクイン AWAKE~僕のすべて~ 昶&賢吾(CV:小野大輔・神谷浩史) 840P
2008/03/01ランクイン さあ切れ!パンサー皇子 鈴村健一 960P
2007/11/10ランクイン Doubt & Trust~ダウト&トラスト~ access 1570P
2007/03/10ランクイン モザイクカケラ Sunset Swish 900P

2007年から去年までに初8から1位を獲得した曲は以上8曲でした、全ての曲が男性ボーカルであり、2008年以降に達成したのは全員男性声優と、極めて偏った面子となりました。女性ボーカルにとっては初8スタートは文字通り鬼門でした。
 しかし「singing」はその初8スタートで1位獲得という快挙を成し遂げました。自分は某所で澪が男性声優になったという珍発言をしましたが、上のデータを見るとこの発言をしたのも納得です。

【2012/01/22 23:25】 | こむちゃ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。