上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近「TM NETWORK」のアルバムを借りてきましたが、そのアルバム曲の中で心にしみる曲を見つけました。90年代に小学~中学を過ごした自分にとってはTMNはメジャーな曲しか知りませんでした。今回紹介する曲は今年になって初めて知った曲です。

 Children Of The New Century TM NETWORK


アルバム「human system」収録

 この曲の歌詞に19881999という二つの年号があります、そして今年は2010、見事に11年刻みとなっています。アルバムが発売された当時は1999年はまさに未来の世界、しかし現在は1999年は過去となってしまいました。この曲は「1988年」の視点から「1999年」という未来を抱いた作品ですが、その詞の一部を紹介します。

1988 君はここにいる 夢はまだつかめないけれど
1999 今は見えないものがつかめる日が来る


 この詞に奥深い感性を感じます。88と99という2つの数字をうまく対比させているのが実に見事です。

 また、この曲を聴くと以下の2作品を思い出さずにはいられません

1988…すくぅ~るらぶっ!3 ~未来へのアレグレット~
10100645p.jpg

1999…世紀末オカルト学院 
01s.jpg

 両作品は「Children Of The New Century」のキーワードである1988、1999にそれぞれタイムスリップするという重大な共通点があります。曲のラストにタイムマシーンらしき効果音を入れている点も両作品を想像させる大きな要素と。この曲を聴きながら1988が舞台である「すくぅ~るらぶっ!3」をプレイしたら最高だなと思っていたり・・・

【2010/12/08 18:09】 | 音楽 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。