上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年になってから昭和に浸る機会が多くなりましたが、先日昭和の末期が舞台となったゲームを購入しました。

 10100645p.jpg
すくぅ~る・らぶっ!3 ~ 未来へのアレグレット~

過去の記事でも少し紹介しましたが、このエロゲは昭和63年が舞台となっています。当時の僕はまだ赤ん坊でしたので、この時代で記録に残っているのは、せいぜい「ひみつのアッコちゃん」に釘付けだった事位ですね(笑)
 それでも僕が誕生した後の時代ですので、結構馴染み深い年ですね。ちなみに個人的に最も思い出に残っている年は丁度10年後の1998年だったりします。

 早速このゲームをプレイしてみましたが、このゲームと主人公と僕とはやや世代差があるようですね。シナリオ内で半ドン(土曜の午前中が授業があった事)についての話題がありましたが、僕の時は高校の途中までは第2と第4土曜が休みでその他の週は授業がありました。ゲームの主人公が半ドンを知らないと言った時はビックリしましたよ。その他にも「サラ金」等、僕が知っていてゲームの主人公が知らない言葉が結構ありました。
 ダイヤルアップの話題も出ましたが、この際につい夢中になってネット使用料が数万円になった痛い記憶が蘇りましたね。当然ながら親から大目玉を食らってしまいました。
 そしてこのゲームの世界では当然携帯や電子メールが無いので、電話で連絡を取っていましたが、平成初期も同じようなものです。僕が携帯を常備したのは高校生になってからで、これまでは家庭の電話で連絡を取っていました。

 まだこのゲームを始めたばかりですが、昭和末期~平成に幼少・少年時代を過ごした僕としては、何かと考えさせるゲームになりそうです。

【2010/12/05 23:57】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。