上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ここ最近は、GWAVEに収録されている「call my name」の影響で、70年代~80年代前半の曲をよく聴くようになりましたが、「call my name」の他にも昭和っぽいアニソンが多数あります。そこで昭和の香りがするアニソンの一部を紹介します。無論これから紹介する曲は全て平成に発売した曲です。

昭和30年代
横浜ラプソディ 魔璃(石毛佐和)
 「高校三年生」や「学生時代」等、昭和30年代の歌謡曲らしいメロディです。またどこか帝国華劇団っぽい感じもしますね

昭和40年代前半
乙女に捧ぐ… みっくすJUICE
 21世紀に発売したはずなのにもろにグループサウンド調とレトロ感万歳な曲、何となく「思い出の渚」に似ていますね。

黄色いバカンス ぱにぽにだっしゅ!
 こちらはサーフミュージックのリバイバル、ベンチャーズを想像したのは僕だけじゃないはず。

昭和40年代後半
コバルト 國府田マリ子
70年代前半のフォークソングといった雰囲気がする曲です。演奏時間が短いのもポイント。

昭和50年代前半
ショコラに夢中 野本かりあ
ちまたでは夢見るシャンソン人形のオマージュと言われていますが、個人的には70年代後半のニューミュージックのような楽曲だと思います。

Call my name 井上みゆ
70年代後半~80年代前半にかけて非常に流行った8ビートのリズムをとっており、アレンジもそんなに手を加えておらず、当時の雰囲気を異様な程に再現しています。もはや30年前にタイムスリップした曲と言っても過言じゃないと思います。
余談ですが、この曲の影響で母が大好きだった松山千春さんの曲をかなり聴くようになりました。切なく美しいメロディが松山さんの楽曲の世界観にそっくりなんだよな・・・

続きは後日執筆します。

【2010/04/05 23:01】 | こむちゃ予想バトル |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。